作業員

日本の技術力が結集されたディスペンサー技術を侮るなかれ

価格は用途で違う

工場

バランサーの価格は、用途などによって違ってきます。しかし、バランサーは拡張調整が行えるのが特徴で、産業によってはオーダーで特殊設計を行ってくれるので、最適なバランサーを使用することができます。また、サポートも充実しています。

もっと読む

引張試験の料金や試験機

機械

金属というものは人の生活の身近にあるものであり、重要な役割を果たしています。丈夫な印の強い金属ですが、その印象は引張試験を行い耐久性が試されているという点にあります。

もっと読む

液体の調合を助ける道具

工場

液体は入れた容器に付着しやすい事もあり、調合が大変な素材の一つです。しかし最近になってディスペンサーと呼ばれる機械が開発され、一定量の液体を混ぜる事は以前よりも簡単になっています。そして機械が小型化されている事もあり個人所有する人が増えているのです。

もっと読む

歯科治療の新手法

歯型

白い歯を取り戻せる新手法

セレックは口の中を3Dカメラでスキャンするだけで、そのデータをもとにコンピュータ上で歯の詰め物を設計することができ、ミリングマシンと呼ばれるものにより三次元に自動的に歯を削りだしてくれるのです。したがって早ければ当日や翌日には詰め物ができ、簡単に歯の治療を実現することができるのです。最近3Dプリンターが話題になっていますが、まさにその技術と同じような手法で歯の治療ができるのがこのセレックの大きなメリットになっているのです。特に短い時間で、歯科技工士もいらずに歯をしっかり治すことができるのは画期的な手法であり、国内の歯科医院でも利用がはじまっているのです。

3Dを利用したセレック

セレックは3D撮影するだけで簡単に補完材や差し歯の形状のものを削りだしますので歯型をとったものに比べて格段に精度が高く、しかも微調整がほとんどいらないのが大きなポイントとなります。これを使えば歯の色も微妙に自分の歯のもとの色に調整をしていくことができ、ほとんど外からみると治療をしたとは思えない白い歯を取りもどすことができるのです。まだ現時点では導入が始まったばかりですが、今後さらに普及が進めば安価に利用できて、さらに短期間での歯の治療が実現することになりそうです。これまでの歯科治療の方法を大きく変化させるイノベーションとなっているのがこのセレックの存在なのです。価格も高価ではないので、利用者にとってもメリットは非常に大きくなります。

セレック以外の技術

日本の技術においては、セレック以外にもディスペンサーと呼ばれる技術が注目されています。ディスペンサーは、必要とする液体の量を正確に抽出できる技術です。現在ではディスペンサーを利用できる業者が沢山あるため、依頼してみるとよいでしょう。日本の技術力が結集されたディスペンサー技術を侮ってはいけません。